FC2ブログ

BLOG:暗送秋波

0から導入するCFW(カスタムファームウェア)パンドラバッテリー未使用版

なんと、パンドラバッテリーを使用せずにCFWを導入する方法が確立されてしまいました。

これにより対策されていないPSPさえ持っていればCFWを導入出来るようになりました。

対策基盤にCFWを導入しようとするとまず壊れるので基盤確認は慎重に。

CFW導入出来るPSP (=対策のされていないPSP)
TA-088v2以下の基板で、FW5.03以下

基盤の確認方法は下記参照
物理的に用意する物
・対策前のPSP
・メモリースティックPRO Duo

用意するファイル
ChickHEN Homebrew Enabler R2 (対策済みでも導入可能、自作ソフトを動作を可能に
Recovery Flasher v1.50 (CFWの導入、バッテリーのPandora化等が出来ます
PSPident v0.4 (基盤チェックが必要な方のみ
CFW 5.00m33-6 (上記で入るのは5.00m33-4、バグ取りの為5.00m33-6にverUP
公式FW5.00 (CFW5.00M33を入れるのには必須です。
・公式FW5.03 (すでにFW5.03なら必要無し

手順としては

PSPのバージョンを公式FW5.03にします。

ChickHENの導入

(基盤の確認ソフトでの対策基盤チェック) ← ここまではPSP-3000でも可
※PSP-1000では確認の必要がありません。

CFWの導入

となります。

ChickHEN基盤確認ソフトの起動は対策基盤の機種、PSP-3000でも起動出来るそうです。
(対策基盤、PSP-3000を持っていないので未確認)
※ChickHENでは自作ソフトの起動などが出来ます、しかし起動しないソフトも多いとか。
 CFWに比べ自作ソフトの起動率の低下、ディスクレス起動無し、プラグイン無しなどです。

CFWの導入には対策基盤か否かが重要になります。
基盤チェックソフト、もしくは下記の本体製造番号から判別出来るそうです。
本体型番本体カラー本体製造番号
PSP2000 PBピアノブラック0963900以前
PSP2000 CWセラミックホワイト2161115以前
PSP2000 ISアイスシルバー3702856以前
PSP2000 LPラベンダーパープル6364500以前
PSP2000 RPローズピンク5474956以前
PSP2000 FBフェリシアブルー4793000以前
PSP2000 MGミントグリーン8127800以前
PSP2000 MBメタリックブルー8804439以前
PSP2000 MNマットブロンズ全対応
PSP2000 DRディープレッド全対応
PSP1000全色全対応
上記の製造番号の判別で大丈夫とは思いますが、一応基盤判定ソフトでの確認も。

解凍すると下記の様な構成になっていると思います。
今回必要なファイル、フォルダに色を付けてみました。
ChickHEN Homebrew Enabler R2 
 26993_ChickHENR2
 ├ PHAT
 │└ eggsploit.tiff
 ├ SLIM
 │└ ChickHEN
 │  ├ ChickHENa.gif
 │  ├ ChickHENb.gif
 │  ├ ChickHENc.gif 
 │  ├ ChickHENd.gif
 │  ├ slim.tiff
 │  └ Thumbs.db
 ├ h.bin
 └ readme.txt
Recovery Flasher v1.50
 25281_rflash150
 ├ FW1.50
 │ ├ %__SCE__rflash
 │ │└ EBOOT.PBP
 │ └ __SCE__rflash
 │  ├ EBOOT.PBP
 │  └ RFLASH.DAT
 ├ Pandora
 │ ├ README-Pandora.txt 
 │ ├ resurrection.prx
 │ └ rflash.elf
 ├ RECOVERY
 │ └ EBOOT.PBP
 ├ FASTLZ.TXT
 └ README.TXT
PSPident v0.4
 26999_PSPident_04 
 ├ PSPident
 │ ├ EBOOT.PBP
 │ └ kpspident.prx 
 └ README.txt
CFW 5.00m33-6
 25689_500m33_6
 ├ translate
 │ └ en_recovery.txt
 ├ UPDATE
 │ └ EBOOT.PBP
 ├ fat_comparison.html
 └ readme.txt

【配置編】
上記のファイルをメモリースティック内、下記の様に配置します。
薄型と厚型ではPHOTOフォルダに入れるファイルだけ違います

h.binをメモリースティックのルートフォルダ(メモリースティックの一番上)に置く。
・PSP/GAME/内に PSPidentRECOVERYUPDATEを入れる。
・公式FW5.00を500.PBPと名前を変えてRECOVERY内に入れる。
・薄型ならPHOTO内にChickHENを入れる。
・PSP-1000ならPHOTO内にPHATを入れる。

[ms0:\]はメモリースティックの事です。

薄型PSP
 ms0:\
 ├ PHOTO
 │└ ChickHEN
 │  ├ ChickHENa.gif
 │  ├ ChickHENb.gif
 │  ├ ChickHENc.gif 
 │  ├ ChickHENd.gif
 │  ├ slim.tiff
 │  └ Thumbs.db
 ├ PSP
 │└ GAME
 │  ├ PSPident
 │  | ├ EBOOT.PBP
 │  | └ kpspident.prx 
 |  ├ RECOVERY
 |  | ├ 500.PBP
 │  | └ EBOOT.PBP
 |  └ UPDATE
 │     └ EBOOT.PBP
 └ h.bin
PSP-1000
 ms0:\
 ├ PHOTO
 | └PHAT
 │  └ eggsploit.tiff
 ├ PSP
 │└ GAME
 │  ├ PSPident
 │  | ├ EBOOT.PBP
 │  | └ kpspident.prx 
 |  ├ RECOVERY
 |  | ├ 500.PBP
 │  | └ EBOOT.PBP
 |  └ UPDATE
 │     └ EBOOT.PBP
 └ h.bin
上記の配置では今回必要なファイル、フォルダのみ表記しています。
実際はいくつものフォルダが配置されている場合があります。
【導入編】
[本体設定] → [文字セット] → [US(437)   Latin 1 (1252)]

[フォト] → [メモリースティック] → 薄型なら[ChickHEN]、厚型なら[PHAT]を選択し待ちます。
画面が一瞬になり、バグった様になった後、自動的に再起動されます。
[本体設定] → [本体情報] → システムソフトウェアが"5.03ChickHEN"となっていたら成功です。
※電源を切るとHENが切れ元のFWに戻ってしまうので
電源を切らず引き続きRecovery Flasherを起動して下さい。

再起動されずにブラックアウトし、電源が落ちた場合は失敗です。
下記を試して再度挑戦してみて下さい。
・メモリースティックを初期化し、ファイルを再配置
・表示言語を英語に
・他のメモリースティックでも試して見る。
・PSP本体の初期化


[ゲーム] → [メモリースティック] → [Recovery Flasher]

[I AGREE,now take me to the program!] → ×ボタン
※海外では×ボタンが決定、○ボタンがキャンセルになっている場合が多いので注意。

下から三番目の[Make NAND dump]を取っておく
※万が一の時、復旧するのに必須になります

Target FW:5.00となっているのを確認し、Install M33 CFWで×ボタン
※TargetFWが別の数字の場合×ボタンで変えられます。

reset (format) settings as well:設定を初期化しCFWを導入します、推奨。
do not reset (format) settings:設定を初期化せずにCFWを導入します。
I changed my mind , let me out....:Recovery Flasherのメインメニューに戻ります。
設定とは無線LANやPSNetworkの保存されている設定の事です。

(初期化したならPSPの初期設定後)
[本体設定] → [本体情報] → システムソフトウェア "5.00 m33-4"となっていたら成功です。

[ゲーム] → [メモリースティック] → PSP アップデート ver5.00 (下記画像のアイコン
※5.00m33-4は多少のバグ持ちなので5.00m33-6にverUPしておきましょう。
500m33-6


以上でCFW5.00m33-6導入の完了です。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiy.blog43.fc2.com/tb.php/46-927fd68d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)